茗荷

e0044322_026796.jpg


和紙に顔彩


茗荷が、とても好きなのです。
どんな料理にでも茗荷を合わせてしまいます。
お豆腐に茗荷。
焼いた油揚げにも茗荷。
素麺に茗荷。
ご飯に茗荷。
薬味としての脇役的な茗荷も好きですが、天婦羅やピクルスなどの主役な茗荷も愛しています。
そしてプリン!とした姿形や、淡いピンクから濃い草色へと変わっていくグラデーションも好みであります。

らぶ・茗荷。
なのであります。
[PR]
by tashirotomoko | 2008-09-30 00:00 | 野菜・くだもの
<< エリンギ KOSEの商品のために >>